2017.10.22

少女漫画関連近況

Girbenchi

#竹宮惠子 50th Anniversary「カレイドスコープ」
10月7日〜12月10日まで北九州漫画ミュージアムで開催されている原画展です。10月7日の初日には竹宮先生のトークショー&サイン会(抽選で100名)があると聞いて早速応募。昨年の広島講演会で知り合った友人2人も全員当選して、日帰りで小倉へ行ってきました。
会場は小倉駅前から徒歩で2分ほどのあるあるシティの5階。当日販売しているグッズ(書籍・ポストカード・クリアファイル)のいずれかを購入してそれにサインをしていただけます。
原画展は、モノクロ原画は肉筆、カラーは「原画ダッシュ」という精巧な複製です(退色や破損防止の為に、竹宮先生が研究・開発・普及に努めているもの)。見る前は「えー、生原稿じゃないのか」とちょっとガッカリしたのですが、実際に見て見ると、10センチくらいの距離まで近づかないと複製とはわからない生々しさ。
風と木の詩、ファラオの墓、変奏曲シリーズ、イズァローン、そしてもちろん地球へ。90年代以降の連載作品や、デビュー当時の作品まで大変なボリュームの展示でした。
竹宮先生のすごいところは、お年を召してから描いた絵もみずみずしさが増しているところ。出口前にあった、2000年以降の個展での書き下ろし作品をコラージュしたクロスには200点近いイラストが配置されていて、ああこれを家の壁にタペストリーとして飾りたいと思いました(先生にも申し上げたら「その発想はなかった〜」とワンマネさんとお二人で笑ってくださいました)。
トークショーの中で印象的だったのは、先生はご自身のことをずっとカウンターだったと表現されていたこと、前例のない事の最初の一人となる局面に常にいたという事でした。ジョミーに一番似ている人って先生だったんだなぁ(当たり前ではあるけれど、目の当たりにした感が強かった)。
トークショーとサイン会の終了後に、もう一度原画展を見たのですが(北九州漫画ミュージアムは、半券があれば当日中は何度も再入場が可能)、お話の後に見る絵は更に生き生きとしたエネルギーを発しているようでした。
サインしていただいたポスカは、ちょっとした事情があって今はここに載せられませんが、いずれ!
写真は会場の撮影スポット、ジルちゃんと2ショットが撮れる特設ベンチです(私は2ショットは撮ってませんよー)。

Hagio

#萩尾望都SF原画展
全国を巡回中のこの展覧会の、神戸会場へ行ったきました。
こちらは全て生原稿。膨大な作品の中からSF漫画に特化した展示でこの量、圧巻です。
また、ハヤカワ文庫を始め、挿絵を担当した作品も展示されていました。大好きな野阿梓作品の挿絵群には狂喜!「兇天使」はモノクロの挿絵も多数見ることができました。眼福〜♪
こちらは11〜12月に静岡、来年3〜5月には北九州漫画ミュージアムを巡回することが決まっています。今回は(切手を買いすぎて)買えなかった阿修羅王のTシャツを買いにまた行きたい…。

#実写ベルばらがデジタルリマスターでブルーレイ発売
2018年1月6日発売です。10年くらい前に発売されたDVD版も大事に持っていますが、今度のリリースでは日本語吹き替えも初収録。1980年にTV放送された時の録音(オスカルは汀夏子)で、当時はネット局がなくて見られなかったのでめっちゃ楽しみです。欲を言えば、公開当時にあったTV特番も収録して欲しかったなぁ。
後、なんと2017年の7月に収録された主演のカトリオーナ・マッコールのインタビューも収録されるそうです。ちらっと映像を見ましたが、老いても美しいですね。さすがジャック・ドゥミーのお眼鏡に叶った女優さんだな。

仮面ライダー近況

#仮面ライダービルド
今年は久々に9月スタートとなった新仮面ライダー(SHTの時間変更のためと思われます)。主人公は天才物理学者の桐生戦兎(きりゅう・せんと)。おかしな名前だなぁと思ったら、ビルドの基本フォームの半分はウサギ(ラビットフルボトル)なんですね。昨年のエグゼイドはモチーフ自体に全く興味が持てなくて早々にリタイアでしたが、今年は主人公役の犬飼貴丈くんがかなりストライクなので皆勤で見ております。初回から登場の万丈龍我がたぶん冬映画の前後でセカンドライダーになるのかな、と予想しつつ。その冬映画は出演ライダーの中にフォーゼ/福士蒼汰の名前が!いや、源ちゃんにはさほど愛着はないんだけど、こんなにブレイクしちゃった子がライダー映画に戻ってくるというのは珍しいので。自分的目玉はオーズ/秀くんとりょんくんですな、楽しみ♪久しぶりに劇場へ行くつもりです。

#探偵コンビ復活
先月、「風都探偵」連載中のビッグコミックスピリッツで、桐山くん・菅田くんのグラビアが載るという情報が。放送当時の雰囲気そのままに、メモリを持った変身ポーズの二人が表紙の特集号は10月アタマの発売でした。あたふたしちゃって、近所の書店とAmazonで予約したのに、発売日当日に駅のコンビニで大量に並んでいたのを見て更にもう一冊買ってしまった!(でもいいの、付属のピンナップの両面とも飾れるもんね)
二人の対談の中で、菅田くん自身が「あれから10年経った二人が変身するっつーのをやりたい」と言っていたのが最高に嬉しい!待望の大人ダブルへの可能性が出てきたね♪

#キバがブルーレイ化!
来年10周年を迎える仮面ライダーキバのブルーレイ発売が決定(多分あると思ってた)。
収録内容は全て手持ちのDVDと共通だけど、やっぱり予約しちゃった。キバは私の平成ライダーの原点なんで。

2017.10.21

切手女子になろう #8 切手狩へGO

2110_2017_03

10月14〜15日に切手師匠・野呂松くんのお誘いで、大阪へ切手狩に出かけました。
当初は来年の春頃に東京へ切手狩旅行に行こうと話していたのですが、9月末に地元で切手屋さん体験をしてしまった今となっては、とても半年も待っていられません。
連れて行ってもらったのは、梅田の第二ビルにある二軒。
最初に入った「日本フィラテリックセンター」さんは、ドアを開けると右手の壁が天井近くまでの本棚、ストックブックがぎっしり!この光景にすっかり我を忘れてしまいました。ストックブックはほとんどが国別ですが、ジャンル別になっているものをあります。まずは気になる国のストックブックを見ていきます。とにかく大量にあるので、とても1〜2時間では見切れない。そこでピンポイントで欲しかった切手を探して見ることに。
そこでゲットしたのがこちら!

2110_2017_01

チェコの絵本作家ミルコ・ハナークさんが描いた犬のシリーズです。猟犬と黒プーの使用済みは持っていましたが、なんと全5枚の未使用切手が見つかりました(ヒンジ跡はあり)。
ここでは1枚の値段も、セットの値段もネットショップやヤフオクで見るくらいのお値段でした。それでも欲しい切手「だけ」を選べるので50枚近くは買ってしまいました。
見ると心なしかグッタリしている野呂松くん。実は本日の本命は次のお店だったのです。
次に行った「フジスタンプ」さんは最初のところに比べるとものすごく安い!!未使用切手でも30円40円は普通だし、セットでも150円くらいで手に入ります。前の店ではスルーしたセットも安いのでバンバン買えてしまう!
このお店は、国別の他にジャンル別になっています。小さいミニファイルに、切手の袋が入ったページが綴じてあり、欲しい切手のページを抜いて最後にお会計なので買いやすい。
ここでは憧れのこの切手が手に入りました。

2110_2017_02

ヤフオクでも地元の切手屋さんでも3,000円以上してとても手が出なかったフィンランドの熊切手(額面が大きらしい)が、1/5の値段で売っていたのです。いや〜、ページを抜く手が震えてしまいましたね。
欲しい切手「だけ」を好きなだけ買うと、パケット買いとはまた別の事が見えてきます。自分が好きなのはどういう切手なのか。デザインだけでなく色や色数や紙質など、より具体的に明確にわかってきました。そしてやはりこの感じ、この楽しさ、何モノにも代え難い!!切手屋さんで切手を選んでいるときは、脳内麻薬が分泌されているんだろうなぁ。本当にやみつきです、ヤバイです、今すぐまた行きたいくらいです。

2017.10.16

切手女子になろう #7 パケットの罠

9月末の切手屋さん探訪での記憶があまりにも楽しすぎて頭が朦朧としていた10月の最初の週のこと。あの気分をもう一度味わおうと、ネットショップでパケットを買うことにしました。今回は老舗のネットショップで買ってみようと某ショップさんを検索(店名を伏せ字にする理由はあとで…)。パケットの種類が豊富な上に、いつものショップさんより安いではないか!とそちらで「チェコ切手300枚」と「フランス切手200枚」を購入。テッパンのチェコはともかく、なぜにフランス?というと、カタダさんで見たフランス切手の美しさにすっかりメロメロになっていたためです。このショップさんは入金確認に数日かかるということで、届いたのは3連休明けでした。
ウキウキと帰宅して、着替えもせずに中を軽く見たところ…ちょっとした衝撃が。いや、とりあえずちゃんと中身を確かめよう。夕食の後、気をとりなおして開封。まずはフランス切手から。え…、え、え、ええぇ!?いや確かにフランス切手だけど…、全然可愛くない…。どう可愛くないか、
(1)おじさんの肖像画がものすごく多い(しかも多種にわたりダブっている)。
(2)デザインの可愛いものがほとんど入ってない。
(3)消印のインク汚れがひどい切手が多々ある。
安いはずだ……。200枚のうち、可愛いと思えた切手は1枚だけでした(それも、多分他のパケットに入っていたなら見落としかねない地味可愛な小さいお花の切手)。
いや、だがチェコは!「可愛い」と書いて「チェコい」とルビを振ってもいいくらい可愛い切手率の高い国だからな!(←素人考え)
し、しかし…期待したほどは可愛い切手は入っておらず、ここでもまた出るわ出るわ、おじさんの肖像画切手…。すっかり凹んでしまって、野呂松くんにメールで愚痴ったところ、
「とりあえず普通の切手屋はおじさんかおじいさんが顧客なのよ」
なっ、なるほど!!この一言で深く腑に落ちて、今後は普通の切手屋さんでパケットを買うのはやめよう(やめたほが無難)という結論を得たのでした。disるつもりはないですよ!一緒に買った3枚セットは可愛いデザインで、そういう切手もちゃんと売ってるショップさんだから(でも店名は伏せます)。
写真は、おじさん肖像画切手の中から比較的男前をレスキューしたものです。

1610_2017


2017.10.01

切手女子になろう#6 ストックブックを作ってみた

ストックブックというのは切手を保存しておくアレです。切手を集めはじめて困惑したのは、可愛いストックブックが全くないことでした。静かな?ブームの御朱印帳みたいに、可愛くて買いやすい価格のストックブックがあると、集めるテンションも激上がりだと思うのですが…。
野呂松くんオススメの「切手帖とピンセット」の中に、「布張りの切手帖を作ろう!」というトピックがあります。著者の加藤郁美さんがシトラスプレスの西尾彩さんの協力・指導のもと、ため息が出るほど素敵なストックブックを作るという内容。あそこまで完璧な物は望めませんが、市販品の材料を組み合わせてオリジナルなストックブックが作れないかなと考え続けて一月。条件は、
1、コンパクトなサイズであること(A6以下!!)
2、ハードカバーで布張り
3、手に入りやすい材料を使う
4、(これが一番大事)かわいいこと!!
理想はグラシン紙のポケットですが、「手に入りやすい」という観点から目をつけたのがテージーのアルバム。ビニールポケットが段になった台紙を、ページサイズのビニールポケットに入れるというシンプルだけど持ち運びにも安心の構造。この「段のついた台紙」があればいいんじゃない?

Sb_01

外側はSEKISEIというメーカーのKGサイズのアルバムを使いました。KGサイズっていうのはポストカードのサイズです。このアルバムは横長でカード(写真)を横向きに収納します(40ポケット)。Amazonで630円前後、6色から選べます。
ポケットの中身は、何度かパケットを買ったcielさんにあった「黒台紙3段」10枚パック。サイズが148mm×106mmとあったのでちょうどよかったのです。しかし、一つ問題が。この商品はcielさんのオリジナル商品らしく、他所で見つからない上に2パック注文すると在庫が無くなってしまいました。

Sb_02

届いた台紙を見ると、3段のポケットは両端がふさがっているわけではないことがわかりました。これならテージーのスペア台紙で代替えになりそう。

Sb_03

テージーの「スタンプアルバム(6段黒台紙)」10枚入り(Amazonでは660円前後)を買ってきて、中の台紙を切り分けます。1パックで40ページ分作ることができます。

Sb_04

台紙の角を落としておくと、出し入れの時に台紙の角でビニールポケットを傷めにくいです(1)。横サイズが少し長いので、左右のページに合わせて開いている方を残します(2)。

Sb_05

表紙には、好きな切手の写真を布シール用紙に印刷して作ったシールを貼って出来上がり!

Sb_06

Sb_07

ポケットの中には切手を入れたり、反対側は封筒やポスカを飾るページにしてもいいと思います。また、お好きな紙で台紙を作ってマウントで切手をレイアウトしたり、自由に使えます。

Sb_08

すぐに使える状態のプリンターがあれば、1冊2000円でお釣りが出ます(Amazonで材料を買った場合。アルバム+台紙+布シール)。切手女子会に持ち寄るアルバムなどにどうでしょう?

切手女子になろう#5 切手屋さんへ行く

広島市内にも切手屋さんはあるのだろうか?と思っていた9月のある日、スタマガネットさんの「JPS郵趣用品取扱店一覧」というページで答えを見つけました。市内には4件の切手屋さん(コインも)がある!土日に営業があるのか確認したところ、少なくともこのうちの一件はどうも閉店している模様…。連絡がついたお店にこの週末行ってまいりました。
西区にあるカタダスタンプショップというお店です。地図で確認すると、昨年まで何十年も住んでいた地域ですよ、びっくり!!今の家からも電車で30分+徒歩10分くらい(土地勘のある場所なので歩くのも平気です)。伺うと、旧店舗では手狭になったそうで、すぐ近くに移転されていました。12〜14畳くらいのこじんまりした事務所の壁にズラ〜っとスチール棚(扉付きです)、その中にぎっしりのストックブック!!真ん中のテーブルにボストークのバインダーやらスコットカタログやら無造作に切手シートが入ったダンボールが山積み(もちろん床やイスにも)で、店主のおじさまが(多分お客さんから委託された?)切手を吟味されているところ。先客の常連さんがお一人、別のテーブルで商品を調べながら、お二人でのんびり切手談義。ど素人の私にも穏やかに接してくださいました。
切手収集を始めたばかりなので、使用済み切手を中心に見せてくださいと言うと、棚の一角を指して「ここのファイルは自由に見ていいよ」と。真ん中のテーブルで次から次へとファイルをめくること2時間半。あっという間に夕方になってしまいましたよ。チェコのファイルはお宝がいっぱい。しかし今回驚愕したのはフランス切手!フランスファイルをめくっていると別世界に迷い込んでしまったような気がしました。別にやらしい図案ではないのに、凄みというか…なんかすごいエロスを感じます。
未使用切手の棚は分類別になっていて、ちょっと気になっていたフィンランドの熊の切手を探してもらいました。ヤフオクで1枚3,000円もする切手です(高額面の切手らしい)。「あんまり見た憶えがないなぁ」と言いながらもあっという間に見つかりました。買えないけど感動!まだ始めたばかりなので、使用済み切手をたくさん集めて、「これは!」と思う切手を今度は未使用切手から探してもらおうと思います。欲しい切手の画像でウォントリストを作って持って来ると探しやすいよ、と教えていただきました。使用済みとはいえ、気に入った切手ばかり30枚ほど購入できて大豊作。
その後、福屋百貨店の中にある杉本梁工堂へ。ここは日本の切手がメインだったので、以前から欲しかった菱田春草の黒猫切手を購入。また、テージーのスタンプアルバムのスペア台紙とマウントを購入。すると使用済みのイギリス切手のミニパケット(30枚以上入ってる)と、常連さんが「希望者に差し上げて」と持ってこられたというちょい難ありのマウントをサイズ違いで2種(各25枚入り)をおまけにいただきました。店員さんはとっても親切で、10月最終週に上階の催し物会場でイベント出店があり、お店に並んでいない商品も販売するという耳寄り情報も教えていただきました(第三週には切手フリマも某所であるのだ)。
京都の永楽屋で買った七福神トートを下げて行ったらこの御利益!
「連れってってや〜、ええことあるで〜」
と聞こえたのはやっぱり空耳ではなかったのね(≧∇≦)

Kittegari01

2017.09.17

切手女子になろう #4 今月の5枚

先週はカープ優勝絡みのPOP製作でヘトヘトになってしまったチチカカです。マジックが再点灯したかと思うといきなり一桁!いやー、大変でした(なのにまだ優勝してない)。火曜あたりですでにHPが消耗していましたが、今週末は切手屋さんに行けるのだ!と思って頑張ったのに……まさかの台風直撃。残念ですが、切手屋さん探訪は日延べします。
そういえば、野呂松くんから依頼を受けて切手女子修行を始めて今日で1ヶ月。切手収集も順調に進んでいます。そこで今回は1ヶ月めの成果発表として、この一月で集めた切手の中でも特に気に入っている切手5枚を見ていただこうと思います。

01

まずはこれ、初日に大丸で買った切手です。多分、最初にファイルから選び出した1枚。イスラエルの切手のようですが、(当然ながら)詳細は不明。座り込む老人に前方を指し示す天使…どういう場面なんでしょうか。

02

2枚目はクロアチア共和国の切手。国名表記の「HRVATSKA(フルバツカ)」はクロアチア語です。この、難解な国名を調べるのに便利な本「ビジュアル世界切手国名事典」は野呂松くんに教えていただきました。クリスマスのイラストなのかなぁ。実は、ネットオークションで何から買おうかと迷っていた時に、最初に落札したのがこの切手。目の前で直接選べる時と違って、ネットで買う時はどうしても合計金額を計算しながら選んでしまいます。なので、「いいな、欲しい!」という気持ちがポンっと振り切れる切手を買うようにしています。悩む切手は買わない。

03

3枚目はブルガリアの切手。2枚目と3枚目は前々回にも画像で紹介してますね。

04

4枚目はモナコの切手です。朱色に緑となんとオレンジを合わせるという配色に一目惚れ。右側の切手の少年も「風と木の詩」のセルジュみたいで雰囲気あります。外国の可愛いデザインの切手は、いろいろな切手ビジュアル本で紹介されています。今度はこの切手が欲しい!とか、目星をつけるのにも便利なんですが、この切手は私の持ってる切手本では見たことがなく、初めて見た時に「絶対この色が欲しい!!」と鼻息も荒くなりました(笑)。1981年発行。

05

5枚目は、画像の一番下、船とラッパを吹いている少年が描かれているブルガリアの切手です。「蒸気船ラデッキー号の就航記念の切手」と、購入したSHOPの説明にありました。この水色に赤の差し色という配色が素晴らしい!写っている3枚は全てこの配色でしょ?で、ラデッキー号の切手はイラストにも惹かれるものがありました。長野まゆみさんの世界っぽいというか。少年も、漫画家の鳩山郁子さんの描いた挿絵みたいで、90年代に夢中で読んでいた頃の長野まゆみワールドを彷彿させるのでした。

2017.09.10

切手女子になろう #3 切手収集の参考書

「切手との楽しい付き合い方」を日々考えているチチカカです。
しかしやはり物欲には勝てない。だってネットを見たら欲しい切手がザックザクあるんだもん!!
ハズレなしのピンポイントと、新しい出会いに期待が高まるパケ買い。今週は前者のピンポイントで何枚か買いました。

Kitte0910_2017

これは西ドイツの2枚組の寄付金切手です。可愛い切手本には絶対に載っていそうなデザイン。野呂松くんに紹介してもらって購入した切手の参考書の中にもありました(切手のプロフィールもその本で調べた)。

Kittebooks

こちらの2冊がその参考書。野呂松くんの本棚にはまだまだ切手本がたくさんあったのですが、初心者なのでまずはこれがオススメと言われたのが左側の「切手女子のかわいい収集BOOK」(ばばちえ著)。世界にはこ〜んなに可愛い切手があるんですよ〜とプレゼンしているページだけでも楽しいのですが、この本のキモはその後。切手博物館や切手ショップ、イベントレポなど、実際に足を運んで切手を買える場所の紹介や、ネットショップ情報も充実。さらに用語解説や道具の使い方の説明、保管方法などの実用情報、もっと突っ込んだ遊び方や海外旅行で切手を探すための情報など、痒いところに手が届く内容になっています。現在はネットショップでは在庫がありませんが(私はマケプレで買ってしまった、すんません)、街の本屋さんにはまだ在庫があるみたいです。この本を読んで、来年の春には東京へ切手狩ツアーに出かけようと野呂松くんを誘っているところ。
右側の「切手帖とピンセット(増補新版)」(加藤郁美著)は、切手のグラフィック本です。オールカラーで写真が超絶綺麗。切手の質感が特にすごいです。掲載されている切手は全て、どこの国のどういう切手なのか解説付きです。さらにこの本に載っている可愛い切手が、ネットで意外と簡単に手に入るのにはビックリしました。
ところで、わが町広島市内にも切手ショップが何件か見つかりました。しかもバスの路線で全部はしご可能!!来週あたり出かけてみようと計画中です。来月には切手フリマもあるらしい!絶対行くぞ!

2017.09.04

切手女子になろう #2 切手を買ってみる

8月の終わりにムカデに噛まれてしまったチチカカです。
前回にもチラッと書きましたが、今回は実際に切手を買おう!というお話です。
野呂松くんの切手ストックブックを見せてもらいながら、こういう可愛い切手はどこで買えるのか聞いてみました。一番楽しいのは、やはり切手屋さんで一枚一枚自分で選ぶことだと思われます。野呂松くんに連れて行ってもらった大丸の切手屋さんでの切手選びは楽しかった!こういうお店が広島にもあるといいのですが…。そこで野呂松くんに利用している(あるいはチェックしている)ネットの切手屋さんを何軒か教えてもらいました。

マルメイトさん
スタマガネットさん
ポスティオマルシェさん
どこかのショップで一度買ってみようと検討し、最初に登録・利用したのはこちら
素敵な郵便屋さんcielさん
決め手は、使用済み切手の袋売りが、他のショップに比べて比較的安価かな?というところでしょうか。
こちらのショップでヨーロッパの使用済み切手が500枚入っているセットを1620円で購入しました。
届くまでに数日間の時間差があったので、ヤフオクにもチャレンジ。ヤフオクでは「これ欲しい!」と思う切手だけを入札して買うことができるので無駄がありません。お値段は安いものでは1円単位からありますし、私が「欲しいな〜」と思う切手もそれほど高額なものはありません(それでも入札するときは1件300円以内と決めています。1枚でこのくらいの時もあれば2〜5枚でこの値段で買えるものもあります)。送料を考えてお一人の出品者から7件落札しました。同梱発送をしてもらえば送料は随分安く上がります。

届いた切手の一部がこちら。
Kitte

とにかく欲しい絵柄だけを選んで買ってみました。うーん、切手って不思議!1枚1枚はこんなに小さな紙片なのに、手に入れた時の幸福感たるや!
しかしネット買いの危険なところは、24時間いつでも買えるところだと思いました。会社のお昼休みにも、布団に入ってさあ寝るかという時にでも、気がつけばネットショップやヤフオクで切手を探しているのです。これは早々に、ガイドラインを課さなければダラダラと買い続けることになりそうな…。

そうこうしているうちに、cielさんで購入した切手が到着。
初めてネットで袋買いをしたので他所との比較はできませんが、使用済みとはいえとても綺麗です。スタンプが絵柄にかかっている面積が小さかったり、スタンプのインクの色が薄かったり滲みがほとんどなかったり。cielさんで購入して自分的には大満足でした(後日、ブルガリア切手300枚入りの袋を購入しました)。

09032017_01

切手を入れてあるのは揖保乃糸の空き箱です(最近はプラスチックなのね)。まず大まかに
(A)成果発表用のスットックブックに収める切手
(B)ストックブックまではいかないけれど、気になる切手〜シリーズ切手は写真が撮りやすいように小袋に分けてます〜
(C)それ以外
に分別します。どれも1週間後に再度見直します。先週は(C)に入れたけど、今週見直すと(B)だな!みたいなことが結構あったりします。
成果発表用というのは、野呂松くん最終的に見てもらう切手たちです。直感的に絶対好きなデザインや色のもの、シリーズで見るとめっちゃ好きなもの、などがストックブック行きです。

2017.08.27

切手女子になろう #1

突然ですが、私チチカカは今月から「切手女子」になりました。
山岸凉子展を見に行った関西旅行で、「切手女子」野呂松くんから特別オファーを受けたのです。切手収集といえば、昭和育ちの我々にとっては趣味の王道という認識ですが、実はどんどん切手収集家が減っているらしいのですね。この寂しい現実を何とかしたいと、野呂松くんは密かに活動を進めているのです(詳細はいずれ!←ブツができてから!!)。そしてこのほど、全くの初心者に切手収集を始めてもらい、自由な楽しみ方を色々提案していこうという、その「初心者モニター」に私を選んでもらったのです!ありがとう!!
最初にこのお話をいただいた時には、「え、私にできるのかしら」とかなり驚きました。でも待てよ。内外の画家・イラストレーターの絵を見るためだけにインスタやFBをやっている私だもの、切手集めというのは意外に合うんじゃなかろうか。いやむしろ、こんな私だからこそ切手収集を始める、今が絶好のタイミングなのではなかろうか。
そういうわけで、野呂松くんに様々にお助けいただきながら、まずは3ヶ月間この活動をガンガンやっていきます。もうすっかりその気です、頑張りますよ(≧m≦)

とりあえず、京都に行った翌日は梅田の大丸にある小さな切手古銭店で、可愛いピンセットと最初の切手を選びました。ファイルの中から欲しい切手をお皿にとっていくんですけど、ファイルの1ページに切手がぎっしり詰まって何十ページもあるんですよ!しかも1枚32円。この時に買ったお気に入りがこちら。

Stamp01

このブログの左側の「HOME」のリンクの中のInstagramに、集めた切手をアップしていきますので、よかったら見てね(オープンアカウントなので、フォローしなくてもPCから見られます)。

«拝謁

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31